品川区西五反田・五反田の内科・循環器内科・皮膚科、田谷クリニック

田谷クリニック

診療案内
内科・循環器内科
皮膚科
予防接種
健康診断・検査
インフルエンザ
AGA治療、ED治療

インフォメーション
医院・設備紹介
院長紹介・医院概要
Q&A

田谷クリニックの簡易医院概要

予防接種|状況にあった対処と豊富な設備で健康な毎日をお過ごしいただけます

風しん抗体検査および予防接種
風しん抗体検査・予防接種の費用助成 成人男性の風しん抗体検査および予防接種
これまで風しんの予防接種を受ける機会がなかった世代の男性を対象に、風しん抗体検査および予防接種を受けることができる制度(風しん第5期定期予防接種)が始まりました。
風しん抗体検査および予防接種2
■対象者
1962年4月2日〜1979年4月1日までに生まれた男性の方

■実施期間
2022年3月31日まで

■実施方法
対象の方は、クーポン券をご持参のうえご来院ください。
クーポン券が無い場合は、助成を受けることができ兼ねます。ご不明点などは、ご来院前にお気軽にお問合せください。

■費用
対象の方は、無料となります。
※ただし、クーポン券を持参しなかった場合は有料となりますのでご注意ください。

風しんは、風しんへの免疫がない集団において、1人の風しん患者から5〜7人にうつす強い感染力を有します。風しんウイルスの感染経路は、飛沫感染で、ヒトからヒトへ感染が伝播します。

また、妊婦が風しんウイルスに感染すると、先天性風しん症候群の子どもが生まれてくる可能性が高くなります。

風しんワクチンを接種することによって、95%以上の人が風しんウイルスに対する免疫を獲得することができると言われています。
2回の接種を受けることで1回の接種では免疫が付かなかった方の多くに免疫をつけることができます。

過去に予防接種を受けていない方は、ご自身のため、そして周りの皆様のために予防接種を行いましょう!

帯状疱疹の予防接種
風しん抗体検査・予防接種の費用助成 帯状疱疹は、ワクチンで予防ができます。
当院では、50歳以上の方を対象とした帯状疱疹の予防接種を行っております。
接種をご希望の方は、事前にご予約のうえご来院ください。
50歳すぎたら気をつけたい帯状疱疹
帯状疱疹の発症率は、50歳代から急激に高くなります。帯状疱疹患者の7割が50歳以上です。

帯状疱疹になると、水ぶくれを伴う赤い発疹が、体の左右どちらかに帯状に出ます。強い痛みを伴うことが多く、症状は3〜4週間続きます。

帯状疱疹による痛みや外見によって、「体が動かない」「家事や仕事ができない」「顔や首の発疹がきになって外出できない」など、日常生活が制限されてしまうこともあります。

また、周囲の人に帯状疱疹としてうつることはありませんが水痘・帯状疱疹ウイルスに対する免疫を保有していない人には、感染することがあり、その場合は水ぼうそうとして発症します。

ご自身のため、そして周りの方のためにもワクチン接種で病気を予防しましょう。

高齢者肺炎球菌予防接種
高齢者肺炎球菌予防接種 平成26年10月1日より、高齢者肺炎球菌の予防接種が定期の予防接種になりました。定期接種の対象の方へは、品川区から4月に予防接種予診票が発送されます。

当院で予防接種ができます。対象の方は、機会を逃さず接種しましょう。
▼詳しくはこちら(品川区WEBページ)
http://www.city.shinagawa.tokyo.jp/PC/kenkou/kenkou-byouki/hpg000024745.html
COPYRIGHT(C)2009五反田の内科・循環器内科・皮膚科 田谷クリニック. ALL RIGHTS RESERVED.